flower border

No image

スポンサーサイト

No image

『にゃん!にゃん!にゃん!』 壱

ツイッター診断で出た結果にときめいたんで、掌編でも書いてみた。読みたいって思った勢いメモ。お題/次の新刊タイトル決まったー http://shindanmaker.com/199417新刊本『にゃん!にゃん!にゃん!』を出す予定です!甘甘で時代ものです!出なかったらごめんね!≪にゃんにゃんにゃん・壱≫ 山深くの廃屋で一匹の猫娘が暮らしていたのさ。 主人はもう亡くなって、けれど他に行くでもなくその家を守ってたのさ。 ある日、童が一...
  • Category 散文
  • Comment CLOSED

No image

オリキャラ対談

「ナイア=ウォルクスです!」「メイ・リーです!」『作者だけが楽しい、オリキャラたいだーん!!』「はい♪そんなわけで、アホの子たちですよ」「たちっ!!?」「そうですよ、ナイアさん。あ、私の方が年上ですね! でも、気軽にメイって呼んで下さい!」「……年上……」「はい♪」「……え、と、まず、お互いの住んでる世界の説明をしましょう。 あたし、ナイアはソウルウィルという異世界ファンタジーの住人よ。 剣で怪物と戦って...

No image

【短編】悪意の獣

~壱~ 悪意の獣は、いつも悪さばかりを考えながら旅をしていた。 赤子を盗む。火を放つ。畑を荒らす。 いつも最後は村人に追われて、這う這うの体で逃げ出す。 そうやって獣は、口笛を吹きながら、自分の事を知られていない土地を転々としていた。 ああ、楽しかった。 次は何をしてやろう。 次の村が近づいて来た頃、悪意の獣は滝の様なひどい大雨に襲われた。 川は激流と化し、今にも洪水が起こりそうだ。 村へと続く橋...

明けの魔女

 彼には、力が必要だった。 忌むべき人買いの元に顔を出し、 方々を巡って、素質のある子供を捜した。 金は幾らかかっても構わない。 炉に火を入れることができれば、 我は在りし日の栄華を取り戻すのだ。 あの大空より見下ろす大地は、いかに美しいことだろう。 そのためには、 古の魔道師に劣らぬだけの素質を持つ者が必要だった。 炉に、主が戻ってきたと誤解させるだけの魔力を持つ者さえいれば。 無限に湧き出る兵...

最近のメモ+コメント

過去ログ

更新チェックに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。