らくがっき
2013.10.30(Wed)
131030_235313.jpg
493px × 659px 絵茶


【拍手レス】
>ねこ子さん「 まってたニャ♪ 」

にゃー。

2013.10.22(Tue)
001
968px × 1,863px 絵茶
下書き:たまさん、 線画&色塗り:酉、 仕上げ:たまさん


兎武さんとのでか絵合作にたまさんが続いてたー。
でも、時間切れになったようなので、途中過程をこちらが引き継ぎました。

今回は、たまさん画の下書きを保存し忘れたので、完成品のみになります。
ハロウィンカラーで塗っちゃったから、ハロウィンまでに間に合って良かった!

酉塗りでは大雑把だった胸も、たまさんの手が入ることでふっくらとした仕上がりに。流石である。

長いことキャンパスの場所取り失礼しました。
それと、巨大絵に便乗ありがとです。
やっぱり、いつもと違うサイズは難しい!

合作ありがとうございました!

かくれ鬼
2013.10.20(Sun)
■Familiar ~ハチの刻~ /双子ちゃん
01_20131016112124951.png

散文は、ホラー展開につき格納。

可愛い路線が彼方へ走り去るんで、大丈夫な方のみどぞ。

▼もっと読む
らくがき
2013.10.20(Sun)
01_20131020141431f3b.png

胸を描こうとすると、足はもっと目立つように描きたくなる足好き心。
「胸があるなら、胸が小さく見えるように周囲のパーツでバランス取れば良いじゃない」バランサーが勝手に働くぅ。

ぺったん子の何処が好きかといえば視点移動が胸で止まらずにすむところ、顔→太ももまで一直線なところがある気がする。

足があれば、別に顔なんてどうでも良いってのが昔からあるからなぁ。
顔が無いと人にならない。足と顔だけでも人にならない。
ゆえに胴体は目的地の足へとかかる橋でしかない。
でも、橋のアーチが綺麗だと目的地に着くまでが楽しいよね。

うん。何言ってるかわかんないところで、止め。


【追記】
>橋のアーチが綺麗なのは重要だけど途中で休める場所も重要です。今回の絵は橋につく楽しさもありますが小休止もできますね。

そのまま橋で一泊しそうなものを感じつつ、橋から眺める目的地というのも素敵ですなぁ。休憩所の魅力を見出してしまえば話は早いんだが、これがなかなか難しいねぇ。



兎武さんとでか絵合作
2013.10.03(Thu)
ss_20131003221334056.png
2,413px × 2,025px 絵茶 / 左:兎武さん 右:酉

見よ。この頭身の違いを。

ということで、
いつもこちらの描きやすい大きさ(縦700px前後)に合わせて頂いているので、今回は兎武絵の大きさに合わせて描いてみました。
画像クリックで絵茶原寸サイズになります。


▼いつもの酉絵と大きさ比較(縮小)
02_20131003222608066.png

いやぁ、慣れない大きさで描くのは難しい。
絵の全体図が常に見えてる状態じゃないと描きづらいんですよね。

頭身違うから、頭の大きさは兎武絵の二倍ぐらいので丁度良いはず……!
そんなノリと勢いでいきました。
頭の大きさを同じにしたら、兎武絵の膝辺りで全身が描けちゃいそうだもの。

大きさが揃うと身体バランスの差がわかりやすいなぁ。
これだけ違うのに、肩幅や足の太さが同じぐらいなのも面白い。


でか絵合作、ありがとうございました!