2013.07.22(Mon)
 希望の搭は崩れ
 魔の国からの門は開かれた

 月は悪意に汚れ
 夜は狂気に彩られる
 世界の半分は魔の領域となった

 月に魅入られし子らは
 夜と共に永劫の時を彷徨うだろう


 ふいに 誰かが言った

 新たな英雄を得た今こそ
 太陽の下に生きる者は互いに手を携え、魔に抗うときだ、と



FAMILIAR ~イチ刻~ -->説明書


 焔の魔剣使いシリーズ 3
   人類救済機構 (補足)


キーワード:【白】、人界、魔物狩り(ハンター)、英雄

 登場人物一覧です。
 説明書に用語と一緒に載せるとネタバレになるので分けました。
 それと説明書と重複するけど、一緒にあると便利そうなので用語も。


《登場人物》

 イズル/人族のハンターで魔剣使い。見た目は少年にみえる。
 セクト/イズルの弟。白と水の魔法を操る人族の青年。
 メー/イズルの養女。火の魔法を得意とする少女。
 テッタ/自称イズルの弟子。人間の戦士。

 ガイア=アルバレット/人類救済機構の長。人間。
 テティス=アルバレット/ガイアの娘。人間。
 クロス/元監察官で、今は幹部の一人。テティスの教師でもある。人間。


《用語》

人類/ヒト。人間と人族のこと。昼行性。
-人間/旧人類。魔法を使えない。月の病にかかりやすい。
-人族/新人類。魔法を使える。耳が尖っていて長生き。

魔物/生まれながらに魔法を使う異形の怪物。人食いの夜行性。
魔法/魔物がこの世に持ち込んだ、新たな理。

吸血鬼/不老不死の怪物。高度な魔法を操り、魔物を使役する。
-始祖/最初の吸血鬼。存命。
-真なる吸血鬼/怪物として生まれてきた者。
-仮初めの吸血鬼/血を吸われて変化した元人間。

人類救済機構/ギルド。人が作った吸血鬼連盟や魔物への対抗組織。
-ハンター/魔物を退治を生業とする人のこと。ランク分けされている。
-監察官/ギルドの人間。ハンターのチームごとに派遣される。
-魔術師/魔法使い。自分を守護する大地神(出身地)と修行先によって、扱う術の属性が決まる。

月の病/旧名:ボルカノ汚染。ハンターの職業病で致死率が高い。

吸血鬼連盟/魔物を統括している組織のこと。
-領主/大陸ごとにいる支配者。地位と力を持つ吸血鬼のエリート。
-領民/支配地域に住む人間たちのこと。食料。