flower border

らくがっき/Familiar-イチの刻

CategoryFAMILIAR小ネタ
狂える月が昇るとき、
魔の国からの門は開かれ、
この世の半分は魔物のものとなった。


■リマ Familiar-イチの刻、吸血姫より
4s_20120708121229.jpg
640 x 691px

仮初の吸血鬼であり、生け贄にされた人間の娘。
魔物になることで、魔法を使えるようになった。
領主様の留守を任されており、人を狩るのは大好き。
この素晴らしい夜の世界に、
昔、養子にだされた末の弟も誘いたいと願い、探している。

炎の魔剣使い(1)に登場。



■イズル Familiar-イチの刻、炎の魔剣使いシリーズより
9s_20120708125035.png
918 x 723px

魔物狩り、吸血鬼殺しで有名になったハンター。人族の男。
初めて吸血鬼を殺した時に受けた呪いで、成長が止まってしまった。

全ての元凶である始祖を滅ぼす事が夢であり、生きがい。
そのためになら、吸血鬼から奪った魔剣も使うし、
この身が呪いに蝕まれてもかまわない。


----------------
魔物の時間である夜、特に満月の夜に出歩いてると、
それだけで人は体を壊し、最悪、魔物になってしまう
という剣と魔法のファンタジーであります。

*人間
 旧人類で魔法が使えない。
 かつては月に都を築くほどの文明を有していたが、
 魔物と奇病、魔法という未知の力に敗れ、
 技術の大半が失われてしまった。

*人族
 新人類で長命、尖った耳を持つ。個体数が少ない。
 人間より狂える月の影響が少なく、魔法の適正をもつ。

*魔物
 突如この地上に出現した怪物たちの総称。夜行性。
 生まれながらに魔法を使い、人を食らう。

*吸血鬼
 人間によく似た姿をした魔物たちの長。
 人間を魔物に変える事ができる不老の怪物。
 吸血鬼の勢力圏では、彼らが領主となって人間たちを支配しており、
 他の魔物から守る代わりに定期的な生け贄を要求する。
 そして、この生け贄制度を良しとしている人間も多い。


解説不足になることが多いんで、説明練習もかねて。

0 Comments

Post a comment